【2022年】ゲーミングチェアの選び方とおすすめ商品を紹介

ゲーミングチェアは長時間ゲームをするゲーマーにとっての必須アイテムですが、最近はテレワークなどビジネスシーンでも注目されています。種類も多く素材やデザインも違うので、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。
この記事では、ゲーミングチェアを選ぶ時のポイントも紹介するので、購入を考えている方は参考にしてみてください。

ゲーミングチェアとは

ゲーミングチェアとは、長時間プレイするゲーマーのために設計された椅子のこと。座り心地に優れていて疲れにくく正しい姿勢を保ちやすいなど、様々なメリットがあります。

普通のオフィスチェアとの違いは、レーシングシートの構造をもとに作られていること。
体全体を包み込む形状で長時間座っても疲れにくくなっています。

座りごごちの良さから、最近ではテレワークや勉強で購入される方も増えています。

ゲーミングチェアの相場

ゲーミングチェアの相場は、2万円から4万円です。
オフィスチェアと比べるとやや高い価格設定になっています。

安いモデルは1万円台で購入できます。高機能モデルは5万以上するゲーミングチェアもあります。

ゲーミングチェアの選び方

ゲーミングチェアを選ぶ際にチェックしておきたい「4つのポイント」を紹介します。

①形状で選ぶ

ゲーミングチェアの形状には、チェア型と座椅子型があります。チェア型は、デスクで使う方用で、一般のチェア同様にキャスターや高さ調整が出来ます。

座椅子型は、床に直接置いて使えるため、卓上テーブルやコタツなどで使う方に向いています。

②素材で選ぶ

通気性が高い「ファブリック」

通気性を重視する人はファブリックを選ぼう

ファブリックは布製の製品で通気性がよく長時間座る方には通気性は重要なポイントです。

高級感のある「レザー」

手入れの簡単さや高級感を重視する人はレザーを選ぼう

レザーは見た目の高級感があり、撥水性が高く汚れを拭き取りやすいのがポイントです。

③長時間疲れない椅子を選ぶ

ゲーミングチェアは、長時間座っていても疲れないのが特徴です。ゲーミングチェアの長所を最大限生かせるポイントを紹介しますので購入の際の参考にしてください。

ちょっとした休憩に「リクライニング機能」

リクライニング機能はゲーミングチェアには必須の機能ですが、商品によって倒れる角度に差があります。リクライニングは休息時に使うことが多いので、出来るだけ大きく倒れる商品がおすすめです。

参照:amazon

腕を休められる「アームレスト」

参照:amazon

足を延ばして休める「オットマン(フットレスト)」

参照:amazon

首や腰の負担軽減に「ヘッドレスト」「ランバーサポート」

参照:amazon

参照:amazon

おすすめゲーミングチェア

Dowinx | ゲーミングチェア LS-666801F

ヘッドレスト
リクライニング機能
素材ファブリック
ランバーサポート
オットマン
参考価格(税込):amazon23,700円

Bauhutte | ゲーミングチェア RS-950RR-RD

ヘッドレスト
リクライニング機能〇 135度
素材ファブリック
ランバーサポート
オットマン
参考価格(税込):amazon34,500円

サンワダイレクト | ゲーミングチェア 150-SNC130GY

ヘッドレスト
リクライニング機能〇 約180度
素材ファブリック
ランバーサポート
オットマン
参考価格(税込):amazon24,800円

AKRacing | ゲーミングチェア Pro-X V2

ヘッドレスト
リクライニング機能〇 180度
素材レザー
ランバーサポート
オットマン
参考価格(税込):amazon54,345円

Contieaks | ゲーミングチェア アイガー 314481

ヘッドレスト
リクライニング機能〇 160度
素材レザー
ランバーサポート
オットマン
参考価格(税込):amazon33,880円

この記事のまとめ

ゲーミングチェアは長時間ゲームをするゲーマーにとっての必須アイテムですが、最近はテレワークなどビジネスシーンでも注目されています。種類も多く素材やデザインも違うのでご自分の使用スタイルに合わせて選びましょう。

  • ゲーミングチェアの価格は、2万円から4万円が相場です。高機能モデルは5万円以上の商品もあります。
  • ゲーミングチェアの形状:チェア型と座椅子型があります。
  • ゲーミングチェアの素材:ファブリックやレザーなどがあります。
  • ゲーミングチェアの機能:リクライニング、アームレスト、オットマン(フットレスト)、ヘッドレスト、ランバーサポートなどがあります。