レンタルサーバーのディスク容量とは?

ディスク容量とは、サイトに使用するファイルや画像などをサーバーに保存できる容量です。

レンタルサーバーの場合、契約したプランの容量内でファイルや画像をアップロードする事ができますが、ディスク容量にはメールの保存領域も含まれているので、ディスク容量のすべてをサイト用に使うことはできません。

最近では、格安のレンタルサーバーでも数十ギガバイトの容量が当たり前になっています。

人気のレンタルサーバーの最も安いプランのディスク容量は、
エックスサーバーは300GB、バリューサーバーは50GB、ロリポップ!は30GBとなっています。

ディスク容量だけ見ると、ロリポップ!は少ないように思われるでしょうが、一般的な、個人運営サイトであれば、画像が多くなったとしても30GBあれば大丈夫だと思います。

当サイトも利用しているおすすめレンタルサーバー

月額990円(税込)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
当サイトでも使っているエックスサーバーは、一番安いプランでもディスク容量が300Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。 転送量は無制限と他の格安サーバーでは見られないスペックで、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。 電話サポート(平日10:00~18:00)とメールサポート(365日24時間)も無料で付いているので、初心者の方でも安心!